東京都の「子育て応援とうきょうパスポート事業」協賛店です♪

【暮らし】「タスク」整理で、忙しい今年度を乗り切る

そろそろ4月も終わりが見えてきました。

どうやら今年度は、やる事がたくさんあるみたいです。

そこで、やる事の整理をしてみることに。

やる事といっても、「やらなければいけない事」なのか?「やりたい事」なのか?

意外と曖昧だったりします。

分けなければ混乱するし、いつやるのか?の判断も必要ですよね。

特に忙しそうな今年度…

乗り切るための、「タスク」整理についてです。

目次

不安の原因は分からないから

一年ではなく年度で考えるのは、子どもの学校に関するタスクが、まだまだ多いから。

自分のことだけではなく、家族がいれば、家族のタスクも自然と組み込まれます。

例えば我が家では、子どもの受験・進学、学校PTA役員などですね。

3人の子どもが卒業を迎える、と考えると、凄く忙しそうだぞ…と身構えてしまいます💦

こんな時はまず、全体を把握することに努めます。

それぞれの事柄に、忙しいピークがあれば、落ち着いている時期もあるはずだからです。

不安になる時は、把握できていない場合がほとんど。

わからなければ、不安になって当たり前…と自分に言い聞かせ(笑)

全体が、はっきりと見えるようにしていきます。

書き出して分ける

これは、片づけでいえば「全出し」作業。

やる事を付箋に書き出します

4月の段階では、ざっくり。

これを月に分けていきます。

自分は手帳を使用しているので、月カレンダーへ。

これだけでも、この月のこの辺りは要注意だな…と意識できます。

そして、さらに細かなタスクが出てきたら、付箋に書き出し分けていくのです。

付箋は移動できるので、タスク管理にピッタリ。

手帳との相性が良いと感じています。

全体を見ることが出来るので、やっぱり手帳管理はやめられませんね💦

本当に「やらなければいけない事」なのか?

意識するのは、本当に「やらなければいけない事」なのか?ということ。

自分がやらなくてもよかったり、実はやりたいだけだったり、が、気づかず混ざっていたりします。

「本当に必要なのか?」は、片づけでも向き合うこと。

これは、タスクでも考える必要があると思っています。

自分は、ここを意識するだけで、気持ちが変わってくるのです。

どんなに忙しくても、やらなければならない事なら納得できます

そして、やりたい事なら時間を作る必要が

やらなくてもよい事ならば、削除しても大丈夫だと手放せます

さらに考えるのは、「今」なのか?ということ。

いつやるのか?も、重要だから。

片づけでいう、「優先順位を考える」ですね。

つい、あれもこれも抱えがちなので、ここを意識することにしています。

片づけの応用

今年度の忙しさのピークは、5月中旬~7月までと、1月~3月中旬までに集中しそうです。

しかも、その山が高そう~💦

そもそも、抱えられるタスクには限界があるのだし、枠を決めることも大切ですね。

「ここに入るだけ」と枠を決める、片づけと一緒。

片づけって、本当に色々なことに応用できるのです。

物だけでなく、時間や人づきあい、お金や生活など…

何より「選ぶ」を繰り返すことが大切だと実感します。

やる事が決まれば、後はやるだけ!

やる気をもって前を向くことができます。

忙しい毎日を乗り切るために、ぜひ「タスク」整理もしてみてくださいね♪

フォロー嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次