東京都の「子育て応援とうきょうパスポート事業」協賛店です♪

【子育て】卵と乳を完全除去だった次男の食物アレルギー治療の話

我が家の次男は、食物アレルギーがありました。

過去形なのは、中学生になった時ほぼほぼ完治したからです。

食物アレルギーの形は本当に人それぞれ。

それでも振り返れば、大変なだけではなく、良い点もあったように思えます。

今回は、受け止め方を変えたら気持ちが少し楽になった、我が家の食物アレルギーの話です。

目次

食物アレルギーを初めて知る

実は、次男に食物アレルギーがあるなんて、思いもしませんでした。

長男、長女と、特に食べられない食品もなく育ててきたからです。

次男も順調に離乳食を進めていました。

ところが、卵ボーロを食べた直後に吐くパンがゆを食べた直後に吐くプリンを食べた直後に吐く

そんな事が続き、初めて「あれ?」という違和感を感じ始めました。

体調が悪そうでもないし…

最初は本当に吐くだけ。

なんとなく気になり病院で相談したら、血液検査をすることに。

小麦に反応しました。

それでも、「そうなんだぁ」くらいで、あまり深刻に捉えていませんでした。

知らないって、怖いですよね。

食物アレルギーで初めての大失敗

検査後、私の実家へ行く事がありました。

まだ、食物アレルギーについての知識も浅く、症状が「吐く」くらい。

その為、あまり重く考えていませんでした。

その日、夕飯前に次男がつまみ食い。

「ハム」をむしゃむしゃ食べたのです。

10分程すると急に咳き込み始め、泣き出しました。

酷い咳に泣き叫ぶ息子。

みるみる顔が青ざめていきます。

何かすごく悪いことが起きている!と感じて怖くなり、すぐに救急車を呼びました。

息子の顔や体は蕁麻疹だとわからなかった程、真っ赤でパンパンに腫れ、酸素吸入を受けてぐったりとした様子。

自分の無知を本当に悔やみ、謝ることしかできませんでした。

この時、ハムに「卵」「乳」が入っていることを知ったのです。

そして、食物アレルギーで本当に命を落としてしまうかもしれない、ということも。

我が家の食物アレルギー治療の進め方

この時以降、失敗がないように色々勉強しました。

初めは治療らしいことはなく、除去のみ

小麦は早くにOKとなりました。

ですが、卵と乳は負荷テストも出来ないと言われるほど。

混入がないよう気を使う日々でした。

4歳で腸からアレルギー物質を遮断する薬を飲み始めることに。

8歳で薬をやめて食べる治療変えていきました。

そのため給食は完全除去で、私が作って持たせる形。

みんなと違うメニューじゃ可哀想に感じ…

給食と同じメニューを作って持たせていました。

6年生まで続いたので大変なことは大変。

ですが、料理の幅はかなり広がったと思います。

料理がさほど好きではなかった自分。

子どものためなら頑張れてしまうことにも驚きですが…

このことがきっかけで、色々な料理に挑戦する楽しさを知りました。

我が家の場合、治療をスタートしたのは「乳」から

一番最初は、含有量が低く、高温で加熱しているお菓子を食べました

お菓子の含有量一覧リストを頂き、牛乳量を計算します。

段々と食べる量を増やしていきました。

ある程度、量を食べられるようになったら、実際の牛乳に変えます

牛乳はスポイト半分量からスタートし、毎日飲まなければいけません

2週間たったら量を1.3倍ほど増やし、また2週間。

そうやって、体に「これは敵じゃないよ、大丈夫だよ」って、教えてあげるんだそう。

量が増えたところで、完全に飲むことを止めて3週間。

負荷テストで確認しました。

体が慣れたと思っても、しばらく食べないと体が忘れてしまうことがあるそう。

再び攻撃してしまうことがあるらしく、その確認だそうです。

「乳」がだいたいクリアできたら、今度は「卵」の入ったお菓子から同じように。

お菓子で、ある程度の量が食べれるようになったら、実際の「卵」を食べます。

実際の卵は、1gからと量が少ない。

その為、毎日作るのでは大変です。

そこで、卵焼きを作って量り、必要グラム分でカットし冷凍

毎日食べられるようにしていました。

体が拒否するからか、息子は卵の味が嫌い

凍らせた方が、呑み込めて良かったそうです。

ただ、量が増えると大きくなります。

その為、飲み込むのに一苦労していました。

乳の時と同じように、2週間で量を増やしながら進めていきます。

途中の負荷テストでは、アナフィラキシー症状が出てしまうことが多く。

本人も嫌がっていましたし、クリアが大変でした。

病院の先生によると、負荷テストでほとんどの子どもが「のどに石が詰まっているみたい」と言うそうです。

そして、味が嫌いな子どもがほとんどだと、おっしゃっていました。

次男も同様、味に苦戦しながらも、頑張って進めていきました。

やっと誤食があっても命の危険がないだろうとなり…

除去ではありますが、小学校6年生初めて給食を開始

中学校1年生入学時には、除去無しで給食を食べられるまでになりました。

マイナスをプラスに変えて

当時、食物アレルギーが彼にとって、負になってほしくない

そんな想いがありました。

確かに、大変なことは多くあります。

子どもも、我慢したり寂しい気持ちになることが多くあったと思います。

けれど、きっとマイナスな事だけではないはず…

そう思い、プラスに捉えて息子へ伝えるようにしていました。

  • アレルギーがあって外食できないけど、添加物のない安全な食事ができているよね。
  • 家のご飯が1番おいしくて安全だね。
  • 今は大変なこともあるけど、この食事があなたの体を作っていて、健康でいられるよ。
  • アレルギーレシピのおかげで、お母さん料理の幅が広がったよ、ありがとう。

といった感じです。

特に料理に関しては、本当に色々作る機会ができて、バリエーションが広がりました。

家事で一番好きではない料理に、あんなにチャレンジできたのは、息子が喜ぶ顔を見たかったから。

楽しく取り組めたのは息子のお陰だと、本当に感謝しかありません。

完治した息子の言葉から

ホッとするのは、息子がアレルギーで嫌だったことはあまり思い出せない、と言うことです。

「ま、不便はあったけどね」と、さらりと言うけれど、嫌な思いや我慢したことだってあったはず。

食物アレルギーは、ひとくくりに出来ないほど色々です。

当事者しかわからないことも、たくさんありますよね。

でもやっぱり私は、マイナスだけじゃないと思うのです。

次男は中学生から、給食で除去しなくてよいことになりました。

心配せずに食事を楽しめることは、本当に素晴らしいことです。

「これ、食べてみたかったんだ~」

嬉しそうに初めての物を食べる様子を見ると…

やっぱり我慢もしてきたよね…と思います。

でも彼なりに、マイナスをプラスに変えて受け止めてきたのだと感じるのです。

今まさに、大変な思いをしている食物アレルギーの子どもたちが大勢いると思います。

その子たちが、不安なく食事を楽しめるようになると良いな…

そう願うばかりです。

フォロー嬉しいです♪
目次