東京都の「子育て応援とうきょうパスポート事業」協賛店です♪

【暮らし】キッチンごみ箱の仕分けを変更!ラベリングで家族が迷わないように

墨田区で始まった、プラスチック資源回収。

開始に伴い、ごみの仕分け方が変わりました。

2種類だった仕分けを、3種類にしなければなりません。

我が家のキッチンごみ箱は2段式。

ごみ箱を変えずに、種類を増やすには…

考えたのは、「量」「頻度」を踏まえた「優先順位」

限りあるスペースで選んだ我が家の基準は、1種類のキッチン保管をやめる、でした。

家の造りや家族構成、生活スタイルで大きく変わる片づけ。

我が家の「ごみ箱」の変更についてです。

目次

ごみ回収の変更による影響は?

一軒家の我が家。

ある程度ごみが溜まったら、室外へ。

敷地内へ、ごみを一時置きする必要があります。

以前は、「燃えるごみ」「ビン、カン、ペットボトル」2つに仕分け

ほとんどが燃えるごみでした。

今回の変更で、リサイクルできる「プラスチック」を分けるとなると…

結構な量になりそうです。

プラスチック製品って、本当に多いこと…

ただ「燃えるごみ」は、減りますね。

全体の量は変わらず、丁度2つに分かれる感じになりそうです。

室内の「ごみ箱」

室内では、上下2段に分かれているタイプを使用。

家を建ててから、ずっと同じものを使っています。

狭く、造り的にアレンジが効かない我が家。

ごみ箱置き場は、最初から計画していました。

この場所は、言うなら?通り道。

奥行がないこと幅がないことが条件でした。

また、業務用のカウンターを自分たちで購入、設置。

高さがあまり無いものが良かったため、2段となりました。

容量は、16ℓ×2と小さめかな?

こまめに室外へ出すことで、このサイズで良しとしたのです。

以前の使い方はこのように。

  • 上段…燃えるごみ
  • 下段…ビン、カン、ペットボトル

ごみ箱の仕分け方を変える

今回、ごみを3種類に分ける必要があります。

けれど、ごみ箱は2段。

そこで、ビン、カン、ペットボトルは、室内で長く保管しないことに決めました。

新しく資源回収される、プラスチックを下段に。

  • 上段…燃えるごみ
  • 下段…プラスチック(資源)

ビン、カン、ペットボトルは、一度に多く出るわけではありません。

そもそもリサイクルですから、洗って乾かします。

その間は水切りかごへ。

キッチンを片づけ終わった夜などに、室外へ出すことにしました。

室外の「ごみ箱」

ごみの回収日まで保管する「ごみ箱」が、室外へ1つ。

かなり年季が…

こちらも新築時に設置したものです。

仕分けできるタイプなので、中を3つに区切って使用していました。

室外のごみ箱は、幅が長いタイプ

途中、物置を設置したため、置き場所がここしかなくなってしまいました。

その為、奥にはあまり使わないものを。

  • 手前…ビン、カン、ペットボトル
  • 中央…燃えるごみ
  • 奥…草花関連のもの

同じく18年ものですが…

野外で使用しているプラスチック製品は、劣化が酷い!

せっかくなので今回、新しいものを購入することにしました。

室外の「ごみ箱」を2つに

今回、室外のごみ箱を2つに。

  • 燃えるごみ プラスチック(資源)
  • ビン、カン、ペットボトル

幅を狭め、高さがあるものに変更。

高さがあるので容量がアップ。

幅が狭くなっても、3つに仕分けることが出来ました。

  • 手前…燃えるごみ
  • 中央…プラスチック(資源)
  • 奥…草花関連のもの

ビン、カン、ペットボトルで、ごみ箱を一つ。

以前は一つにまとめ、資源回収へ出す時に、仕分ける方法。

今回から、「ビン」「カン」「ペットボトル」を、それぞれ分けて保管することにしました。

ラベリングで誰でもわかるように

しばらく運用してみて観察。

どうやら問題なさそうです♪

そこで、誰でもパッと見てわかるようにラベリング

室内用のごみ箱には、マスキングテープの上から

家具など、直接貼るのが嫌な場合マスキングテープの上から貼っています。

剥がしやすくなりますよ。

白いマスキングテープに黒テープなので、目立ちます♪

室外のごみ箱には、直接貼りました。

家族みんなが分かるようになれば、誰でもできる!ですものね。

「わかりやすい」が家事を軽減

キッチンのごみ箱って、意外と場所を取りますよね。

家の造りによっては、難しい場合もあると思います。

都度、外へ出すことで、「ごみ箱がいらない」という方もいるかもしれません。

部屋のごみ箱も、「置く」・「置かない」が分かれるところ。

何を優先するのか?で変わりますね。

どちらにせよ、仕組みが大切

家族みんなが「やりやすい方法」でないと、上手くいきません。

この時、苦手な人へ合わせると良いですよ。

話し合う必要もありますね。

家族だから大丈夫、ではなく…

家族だからこそ、話し合ってみてくださいね。

意外と、「そこ~⁉」なんて盲点がありますから!

自分一人で頑張らず、仕組みを整え、わかりやすい!で家事を軽減。

片づけで叶うことは沢山ありますよ♪

フォロー嬉しいです♪
目次